バリアングル?なアクションカメラがAndoerから発売/Andoer AN300 /TOMTOPで販売開始

Gopro女子にもおすすめ手ごろ価格のアクションカメラAndoer AN300

可動式背面液晶搭載

なんか中国人みたいなヘッダーになってしまいましたが…
バリアングルって表現があってないですが

背面液晶が180度可動可能なんですね

これは初めて見るタイプのアクションカメラですよね
最近のイチデジ、コンデジは当たり前に背面液晶の向きを変えれるようになっていますが
それならアクションカメラにもって気軽にやっちゃったのがAndoerさんです

Andoerさんはあまりなじみがない企業名ですがアクションカメラや撮影機材を中心に販売されているところで日本のアマゾンでも販売している商品も多々あります。
僕も知らないうちに一眼周りの小物をこちらで買わせていただいてたようですね。

そのAndoerさんが画期的な製品を販売開始

背面液晶がレンズ側に向けることが出来るんです
ビデオカメラやコンデジなどでの撮影では当たり前に使われているのでイメージは沸くと思いますが自撮り時に自分が入っているかどうかが一発でわかるんですね

アクションカメラは広角なので自分が入らないことは無いのですが自分が思っている構図に近づけての撮影が手軽に出来るようになったんですね

SoCはNT96660

高性能チップセットNovatek 96660 とセンサーはソニーIMX078の有名コンビ
Gitupのgit2等でもこの組み合わせで使われていますがナイスな映像を記録してくれるコンビです。

Andoer製品ではAndoerAN1もこの組み合わせですね
最高の映像を残すのならアクションカメラなんか買ってる場合じゃないですがこの小さな筐体でこのくらいキレイな映像を書き出し出来たら十分でしょうね

気になる機能は

主な機能は

タイムラプスビデオ
スローモーション
ループ録画
セルフタイマー
ドラレコモード
ダイビングモード
動体検出など人気アクションカメラに備わっている主な機能は実装済み

便利な無線接続

手軽に撮影できるリモコン付きなので簡単に無線操作が可能です。
Wifi接続することでスマートフォンアプリからの撮影や詳細設定も可能
スマホへのダウンロードもその場で行えるので友達へ送ったりSNSへ投稿したりも簡単に行えます

WDR機能

ワイドダイナミックレンジ(WDR)対応
あるのと無いのとでは多い違いで暗い場所での撮影時などに露光時間の長い一枚と通常撮影の一枚を合わせてきれいな映像にしてくれる機能です
無ければISO感度を上げてノイズの多い映像になってしまいますがWDR機能できれいに撮影できます(限界はありますが)

画角調整

これは最近の機種では当たり前になってきた機能ですが撮影画角を選べる機能です
最大170°の撮影が出来るレンズですが最大の170°で撮影すると魚眼レンズのように真ん中が大きく歪みが目立つ映像になってしまいます。
AN300はワイド、ミディアム、ナローの三段階で画角を選ぶことが出来るので画角は狭くなりますが歪みの少ない映像になります。これはGopro女子と言われる方には必須な機能ですね

1350mAhの大容量バッテリー

5000円ほどの安物中華カメラは950~1050mAhくらいの容量のバッテリーが多いですがAN300はおよそ1.3倍の容量のバッテリーを使用
長時間の録画が可能となりました。

防水ケースは付属

セットの中に含まれる防水ケースで水深30mまで潜ることが可能です
撮影モードもダイビングモードも用意されているので水中の撮影にも適していますね

※到着後は本体を入れずにケースだけで防水確認してくださいね

まとめ

扱いやすく高機能な中堅カメラです。
基本スペックもまぁまぁ良いのに10000円以下なので自撮り中心の方はこれは買いですね

まだまだ発売されたばかりで写真も動画も何もないですがスペックから読むと買っても損はしないカメラだと思いますよ

その他の細かいスペック、画像などは下のリンクからTOMTOPさんで参照してみて下さい
海外からの発送ですが在庫があれば10日前後で届くことが多いです

1月31日までクーポン AN3006